米最新鋭原子力空母 来月中旬に釜山入港=北への警告か

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
米最新鋭原子力空母 来月中旬に釜山入港=北への警告か
 【ソウル聯合ニュース】米軍の最新鋭原子力空母「ロナルド・レーガン」(10万4200トン)が来月中旬に韓国の釜山港に入港する。韓国軍関係者が24日、明らかにした。
 F22戦闘機の来韓時期と重なり、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射の脅威に対する強い警告メッセージになるとみられる。
 軍関係者によると、空母は10月18日に釜山の沿岸で開催される光復(日本による植民地支配からの解放)70年を記念する観艦式に参加する。
 米軍は同空母のほかに巡洋艦1隻と駆逐艦2隻の計4隻を派遣する計画。
 観艦式は10月18日から23日まで海軍の釜山作戦基地や五六島~松亭海域で行われ、35カ国の海軍代表を含む約5万人が参加する。
 同空母は、戦闘攻撃機スーパーホーネットやEA6B電子戦機、早期警戒機E2Cなど、約80機の軍用機を搭載できる。
 2007年と08年に続き3回目の釜山入港となる。
 米空軍は10月20~25日にソウルで開かれる「国際航空宇宙および防衛産業展示会」(ソウルADEX2015)にF22戦闘機2機と無人偵察機「グローバルホーク」を派遣するとされる。
 北朝鮮が朝鮮労働党創建70周年記念日(10月10日)前後に事実上の長距離弾道ミサイルを発射する可能性が高まる中、米国が中核戦略資産を韓国に派遣することで、北朝鮮に強力な警告メッセージになるとの見方が出ている。
 軍関係者は「米軍がロナルド・レーガンをはじめ戦略資産を韓国に派遣するのは、北の追加挑発を座視しないという韓米同盟の強力な抑止の意志を誇示する狙いがあると考えられる」と説明した。
sjp@yna.co.kr
2015/09/24 13:05配信  Copyright 2015(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.