日米韓防衛実務者協議(DTT)を来月開催で検討中

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
日米韓防衛実務者協議(DTT)を来月開催で検討中
日米韓防衛実務者協議(DTT)を来月開催で検討中

日本の「安保法案改正」に関して来月中旬頃に日米韓防衛実務者協議(DTT)開催案を検討中であることがわかった。(提供:news1)

 日本の「安保法案改正」に関して来月中旬頃に日米韓防衛実務者協議(DTT)開催案を検討中であることがわかった。

 今回の防衛実務者協議は、日本の集団的自衛権など安保法律の制定及び改正に関する日本側の説明を聞き、今後の措置を協議する場となる見込みである。

 韓国政府関係者は「来月中旬に予定されているSCM(米韓安保協議会)の前に、日米韓の3国が会う案で検討されているようだ」と述べた。

 SCMはソウルで開催される予定で、日米韓防衛実務者協議もソウルで行われるのが有力視されている。

 日米韓防衛実務者協議は、ことし5月にシンガポールで開かれた第14回アジア安保会議で、今後の日本の自衛隊の集団的自衛権が行使される場合、韓国政府の要請や同意などの手続き合意を日米韓防衛実務者協議の枠組みのなかで進めることに合意していた。

 日本側は、今回の日米韓防衛実務者協議で、安保法案改正に含まれる武力攻撃事態法、重要影響事態法など11の法律について説明すると見られている。

 韓国政府は、外交部の報道官論評で明らかにしたとおり、韓国政府の同意や要請なく日本の自衛隊が朝鮮半島に進出することは受け入れられないという点を、日本側に再度強調していくと見られる。

2015/09/21 11:39配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.