ホテルロッテ、早ければ年内に上場…臨時株主総会でIPO案件を処理

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
ホテルロッテ、早ければ年内に上場…臨時株主総会でIPO案件を処理
ホテルロッテ、早ければ年内に上場…臨時株主総会でIPO案件を処理

ホテルロッテが10日、臨時株主総会を開いて上場のためのIPO(新規公開株)案件を処理した。(提供:news1)

 ホテルロッテが10日、臨時株主総会を開いて上場のためのIPO(新規公開株)案件を処理した。また重光宏之(韓国名:辛東主/シン・ドンジュ、61、重光武雄氏の長男)前日本ロッテホールディングス副会長を登記役員から解任し、社外取締役2人を新たに選任した。

 ホテルロッテはこの日、ソウル本社21階の会議室で臨時株主総会を開き、IPOのための株式分割や定款の変更、社外取締役選任、重光宏之前副会長の登記役員解任の3つについて通過させたと明らかにした。

 今回の臨時株主総会での案件処理は、先月11日に重光昭夫(韓国名:辛東彬/シン・ドンビン、60、重光武雄氏の次男)ロッテ会長が、韓国国民への謝罪と共に発表したホテルロッテの上場と持ち株会社への転換のための事前作業だ。今回の案件が無事に処理され、早ければ年内にホテルロッテが上場する見込みである。

 ホテルロッテは、先月19日にIPOのための提案要請書を発送し、今月中に主管社を選定して株式分割比率を定める計画。

 株式分割は、資本の増加なく額面価格を下げて株数を増やすことによって、ホテルロッテの持分99.28%を保有している光潤社、L投資会社など日本企業の持分率を下げるための措置である。

 ホテルロッテは2週間以内に臨時株主総会での内容についての登記を終わらせた後、該当の内容を公示する計画。

 ホテルロッテ関係者は「専門経営陣が選任され、系列会社の場合、重光昭夫会長も登記役員から抜けるなど、経営の専門性と効率化が以前から進められてきた」とし、「今回の案件は上場と経営の透明化の一環だ」と述べた。

 実際に、コンビニの韓国セブンイレブンを運営するコリアセブンは、ことし3月に重光昭夫会長を登記役員から解任した。ホテルロッテ側は「今回の臨時株主総会は、ホテルロッテのソン・ヨンドク代表が主催し、重光昭夫会長は出席せずに代理人を出席させていた」と明らかにした。
2015/09/10 19:50配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.