韓国軍、北朝鮮上空で無人機と思われる物体を2度捉える

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国軍、北朝鮮上空で無人機と思われる物体を2度捉える
韓国軍、北朝鮮上空で無人機と思われる物体を2度捉える

韓国軍が南北高官協議が開かれていた当時、北朝鮮上空で北朝鮮の無人偵察機の可能性がある飛行物体を熱像監視装備(TOD)で撮影したと7日、確認された。(提供:news1)

 韓国軍が南北高官協議が開かれていた当時、北朝鮮上空で北朝鮮の無人偵察機の可能性がある飛行物体を熱像監視装備(TOD)で撮影したと7日、確認された。

 軍関係者は「先月22日、軍事境界線(MDL)北朝鮮側の上空で飛行物体を撮影した」と明らかにした。

 この関係者は「TOD画面上に小さな点のように写っており、鳥の群れである可能性もなくはなかったが、北朝鮮の無人機である可能性も排除することはできない」と述べた。

 しかしこれまで軍関係者は「無人機と確信できるほどはっきりと撮影されたTOD映像は存在しない」と強く否定した。

 この飛行物体はMDL北方約5キロ上空と10キロ上空など2度にわたり、TODに捉えられたことがわかった。

 特に先月22~24日の間、北朝鮮の無人機を推定される飛行物体が数回MDLを超え、韓国側上空まで来たことがある。

 当時、軍はヘリコプターとF-15、KF-16戦闘機を出撃させ対応に乗り出したが、この飛行物体を撃墜させることはできなかった、

 TOD画面上、北朝鮮側上空に点で記されていた物体が当時、韓国側へ来た北朝鮮無人機推定飛行物体である可能性が大きいというわけだ。

 北朝鮮の飛行物体が韓国側へ越えてきたのに続き、北朝鮮上空でも無人機である可能性がある飛行物体がTODに捉えられたと確認されており、当時、北朝鮮の無人偵察機活動は非常に活発だったと見られる。
2015/09/07 10:36配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>