ロッテ・李大恩、攻守で味方の援護なく6失点で降板

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ロッテ・李大恩、攻守で味方の援護なく6失点で降板
ロッテ・李大恩、攻守で味方の援護なく6失点で降板

ロッテの右腕イ・デウン(李大恩)が、日ハムエース大谷との対決で先にマウンドを降りた。(提供:OSEN)

 ロッテの右腕イ・デウン(李大恩)が、日ハムエース大谷との対決で先にマウンドを降りた。

 イ・デウンは、18日の日ハム戦で先発登板し、4・2/3イニングで7被安打7奪三振3四球6失点(1自責点)という結果に終わった。

 2回までは好調なピッチングを見せていたイ・デウンは、3回表に先頭打者の市川に四球を与えると、次の西川にセンター前ヒットを打たれて先制点を許してしまった。しかし出塁した西川の盗塁を阻止、続く陽を空振り三振に仕留めた。次の中島に再びヒットを許すも、次の田中をセンターフライに打ち取るなどして持ちこたえた。

 続く4回表にイ・デウンは、中田、近藤から連続で空振り三振を奪い、レアードに四球を与えたが、次の谷口からも空振り三振を奪う好投を見せた。

 調子が上向きに見えた5回表。イ・デウンは、先頭打者の市川から空振り三振を奪うが、次の西川にレフト前ヒットを浴びた。続く陽の打球はショートのフィールダースチョイスにより走者1・2塁のピンチに。さらに次の中島の打球はサードのミスで1点を追加されてしまい、0-2となる。しかしイ・デウンは、気迫のピッチングで次の田中をセカンドゴロに打ち取った。そして次の中田にセンターへのタイムリーヒット、続く近藤にはセンターへの2ベースヒット、さらにレアードにもライトへのタイムリーヒットで一気に0-6と大差がついてしまった。

 ここでイ・デウンはマウンドを藤岡に託した。

 その後両チームとも追加得点はないまま、ロッテは0-6で負けを喫した。
2015/08/18 21:47配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.