サムスン後継者が深く謝罪…「MERS患者、最後まで責任を持つ」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
サムスン後継者が深く謝罪…「MERS患者、最後まで責任を持つ」
サムスン後継者が深く謝罪…「MERS患者、最後まで責任を持つ」

イ・ジェヨンサムソン生命公益財団理事長(サムソン電子副社長)がMERS(中東呼吸器症候群/マーズ)拡散に対して、直接国民に謝罪文を発表した。(提供:news1)

 イ・ジェヨンサムソン生命公益財団理事長(サムソン電子副社長)がMERS(中東呼吸器症候群/マーズ)拡散に対して、直接国民に謝罪文を発表した。イ・ジェヨン本部長は記者会見場で惨憺(さんたん)たる思いを吐露し、2度深く頭を下げて謝罪した。

 イ・ジェヨン副会長はMERS患者に対して、最後まで責任を持つという意思を明かし、三星(サムスン)ソウル病院について、大々的な革新に乗り出すという立場も明かした。また病院と研究機関、学会などを連携し、感染症予防やワクチン開発なども積極的に支援するという計画も発表した。

 イ・ジェヨン副会長は23日午前11時、ソウルにておこなった緊急記者会見で「三星ソウル病院がMERS感染と拡散を防ぐことができず、国民の皆さんに多大な苦痛と心配をおかけした」とし「深く謝罪する」と明かした。イ・ジェヨン副会長はサムソン生命公益財団理事長として記者会見に直接姿を表し、国民に謝罪した。

 イ・ジェヨン副会長は「MERSにより亡くなった方々と遺族の方、まだ治療中の患者の方々と予期せぬ隔離措置で不便を経験した方々に申し訳ない」とし「患者の方々は我々が最後まで責任を持って治療し、関係当局とも緊密に協力して、MERS事態が早期に完全に解決されるよう全力を尽くす」と述べた。
2015/06/23 14:48配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報

俳優ヒョンビンが悪役に初挑戦! ソン・イェジン共演の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』DVDが2/5より発売

「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.