北朝鮮で高利貸業者が盛ん…利子50~60%

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
北朝鮮で高利貸業者が盛ん…利子50~60%
北朝鮮で高利貸業者が盛ん…利子50~60%

北朝鮮内で個人に金銭を貸す高利貸業者が一部で盛んであり、利子は50~60%と高めになっているという。(写真は参考写真 / 提供:news1)

 北朝鮮内で個人に金銭を貸す高利貸業者が一部で盛んであり、利子は50~60%と高めになっているという。

 韓国・国民大学のアンドレイ・ランコフ教授は10日、慶南大学極東問題研究所が「北朝鮮とのビジネスと金融」をテーマに開催した国際学術会議で明らかにした。

 ランコフ教授は「90年代の利子は150%になっていた」とし、「その後、北朝鮮で市場経済環境が整い、今は50~60%に落ち着いた」と伝えた。

 続けて「主な担保はオートバイ、冷蔵庫、家など」とし、「債務不履行がある場合、時には政府官僚や警察が動員されることもあるが、これは特別なことである」と述べた。

 ただ「高利貸業者の存在有無について脱北者は『貸付業はない』と言っている」と述べ、北朝鮮内で貸付業が一般的に行き渡った形態の事業はないことを示唆した。

 また「北朝鮮で私的経済が成長し、国内外に対する送金が重要な問題になった」とし、「北朝鮮住民や企業は当局を信じられず、自分たちで共有する貸付業者を通じて送金を行なっている」と主張した。

 ランコフ教授はさらに「10以上の貸付業者が全国的にネットワークを持っている」とし、「地域別に貸付業者同士が連絡をして一定の金額を手数料として取り、金を送る方法で送金が行われている」と説明した。

 海外送金の場合は、脱北ブローカーも関与し、30%ほどの高い手数料を取っている実態だと、ランコフ教授は伝えた。

 また「一部の高利貸業者は高い収入をもとに、国境地域に中国産の高級建築資材で建てた広い家に住んでいる」とし、「彼らの住宅にはパソコン、テレビ、エアコンなどあり、停電に備えて自家発電機もある」と述べた。

 一部の幹部は為替差益で富を築いているとも言われているという。

 慶南大学のイム・ウルチュル教授は「北朝鮮の幹部が貸付業者から賄賂をもらい、自分たちも高利貸業者化している傾向がある」とし、「幹部らは配偶者などを使って為替差益を得ている」と説明した。

 イム教授は「資本主義の『ハイリスク・ハイリターン』の概念に通ずる」と評価した。

2015/06/10 22:34配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.