15セーブ目をあげた阪神・呉昇桓の闘魂「3連投も問題ない」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
15セーブ目をあげた阪神・呉昇桓の闘魂「3連投も問題ない」
15セーブ目をあげた阪神・呉昇桓の闘魂「3連投も問題ない」

阪神タイガースの守護神オ・スンファン(呉昇桓)の連投が本格化している。

 阪神タイガースの守護神オ・スンファン(呉昇桓)の連投が本格化している。

 呉昇桓は去る4日、大阪・甲子園球場でおこなわれた千葉ロッテマリーンズとの交流戦で9回に登板1イニングを奪三振1本含め、無失点のパーフェクトで抑え、シーズン15セーブ目をあげた。去る2~3日、千葉ロッテ戦の敗戦と勝利、そしてセーブまで3日連続登板し、闘魂を燃やした。

 呉昇桓が3連投したのはことしすでに4回目。5日、日本メディアによると呉昇桓は「連投は問題ないと思っている」と語ったという。逆転満塁ホームランで敗戦投手となった2日の試合で1イニング32球、勝利投手となった3日の試合で2イニング29球を投げたのに続き、最後の日はわずか1イニング10球ですっきりと終えた。

 呉昇桓も「きょうの投球数が最も少なく、投球も一番良かった」と連投にも投球数を減らしたことに満足気だった。和田監督も「苦しい場面で登板したが、呉昇桓がよくつないでくれた」と彼の闘魂を称えた。同メディアも「疲れなんて関係ない。いつでも準備ができている」と呉昇桓の姿勢を高く評価した。
2015年6月5日10時44分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.