韓国の消費者物価 実質4カ月連続マイナス=石油類下落

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国の消費者物価 実質4カ月連続マイナス=石油類下落
韓国の消費者物価 実質4カ月連続マイナス=石油類下落

ソウル市内の大型スーパー(資料写真)=(聯合ニュース)

 【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が2日発表した消費者物価動向によると、5月の消費者物価は前年同月比0.5%上昇した。上げ幅は6カ月連続で0%台にとどまった。たばこの値上げによる物価上昇効果を除くと、4カ月連続で物価が下落したことになる。
 上昇率は2013年10月(0.9%)の後、13カ月連続で1%台を維持。昨年12月に0.8%に下落してから0%台が続いている。
 物価の長期的な流れを示すコア指数(農産物と石油類を除く)は前年同月比2.1%上昇し、5カ月連続で2%台となった。月ごとの変動が激しいエネルギーと食料品を除いた指数も2.2%上昇した。
 生活物価指数は前年同月比0.4%下落。生鮮食品指数は3.2%上昇し、21カ月ぶりにプラスに転じた。
 工業製品は前年同月に比べ0.3%下落した。原油安の影響を受けたガソリンや軽油の価格下落が全体を押し下げた。
 サービス価格は1年前より1.6%上昇した。
 統計庁の担当課長は「石油類の価格下落が物価を引き下げた。都市ガスの価格下落の影響も続いた」と分析した。

csi@yna.co.kr
2015/06/02 09:02配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.