【プロフィール】ファン・ギョアン(黄教安)新首相候補者=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
【プロフィール】ファン・ギョアン(黄教安)新首相候補者=韓国
【プロフィール】ファン・ギョアン(黄教安)新首相候補者=韓国
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、ファン・ギョアン(58、黄教安)法務部長官を新首相候補者に指名した。
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、ファン・ギョアン(58、黄教安)法務部長官を新首相候補者に指名した。大統領府が発表した。

 ソウル出身で、京畿(キョンギ)高と成均館(ソンギュングァン)大学法学科を卒業したファン候補者は司法研修院を13期で修了した後、28年間、検察に身を置いた。

 検事時代は最高検察庁公安1・3課長、ソウル地検公安2部長、ソウル中央地検2次長、法務部政策企画団長、法務研修院企画部長、昌原(チャンウォン)地検長、大邱(テグ)高等検察長、釜山(プサン)高等検察庁長などを歴任した。

 検察を出た後は法務法人「太平洋」で弁護士として活動し、2013年3月、朴槿恵政府の初代法務部長官に任命された。

 物静かで温和な性格ながらも、業務においては合理的な原則を重視する「外柔内剛型」と評価される。

 法務部長官として在職しながらも、イ・ソクキ前統合進歩党議員の内乱扇動事件を契機に、憲法裁判所に提訴された統合進歩党の解散請求を直接指揮し、注目を浴びた。特に、ファン候補者本人が政党解散審判弁論に政府代理人として自ら出席した。

 敬虔なキリスト教信者で、法曹界のキリスト教の集まりである「愛重会」会員として活動したり、「宗教活動と法律知識」という著書を執筆し宗教法分野での活動にも努めてきた。夫人のチェ・ジヨン氏との間には1男1女がいる。

■京畿高・成均館大学法学科■司法研修院13期(第23回司法試験)■清州(チョンジュ)地検検事■最高検察庁検察研究官■昌原地検統営(トンヨン)支庁長■司法研修院教授■ソウル地検北部支庁刑事5部長■最高検察庁公安1・3課長■ソウル地検コンピュータ捜査部長■ソウル地検公安2部長■釜山地検東部支庁次長■ソウル中央地検2次長■水原(スウォン)地検城南(ソンナム)支庁長■法務部政策企画団長■法務研修院企画部長■昌原地検長■大邱高等検察長■釜山高等検察庁長■法務法人太平洋弁護士■第63代法務部長官
2015年5月21日11時29分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.