朝鮮通信使の足跡たどる 韓日市民がソウル―東京を踏破へ

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
朝鮮通信使の足跡たどる 韓日市民がソウル―東京を踏破へ
 【ソウル聯合ニュース】朝鮮王朝から日本に派遣された外交使節団「朝鮮通信使」の足跡をたどり、韓国と日本の市民がソウルから東京までの1158キロを踏破する「21世紀の朝鮮通信使 ソウル―東京 韓日友情ウオーク」が4月1日から52日間の日程で実施される。
 韓国体育振興会や日本ウオーキング協会などの主催で、2007年から隔年で開催されてきた同イベントは今回が5回目。主催側は、韓国と日本の国交正常化50周年に合わせ、両国が共同で推進する朝鮮通信使の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録への機運と友好ムードを盛り上げると説明した。
 韓国人17人、日本人28人、在日コリアン5人の計50人が全日程を踏破する。区間別や1日のみの参加も可能で、主催側は多くの市民の参加を呼びかけている。
 参加者はソウルの旧王宮、景福宮を出発し、釜山までの525キロを歩く。釜山からは船で日本に渡り、通信使が船で移動した瀬戸内海沿岸はバスで移動、大阪から東京までを歩く。各地で韓日交流イベントにも参加する。

ikasumi@yna.co.kr
2015年3月31日17時5分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.