産経前支局長公判 大統領密会のうわさは「虚偽」=韓国地裁

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
産経前支局長公判 大統領密会のうわさは「虚偽」=韓国地裁
 【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の公判が30日、ソウル中央地裁で開かれた。
 旅客船セウォル号沈没事故当日に朴大統領が元補佐官のチョン・ユンフェ氏と密会していたとのうわさを加藤氏が記事で書いたことについて、地裁側は「チョン氏の携帯電話の発信地追跡など客観的な資料からみると、被告人が掲載したうわさの内容が虚偽であることが証明された」との見方を示した。
 また、沈没事故当日の朴大統領の行動を時間帯別に明らかにするため青瓦台(大統領府)に照会を求めた弁護側の請求について、「納得しがたい主張に基づいたもの」として退けた。
 さらに、「チョン氏が朴大統領と会ったのかどうかや、朴大統領のその日の全行動を明らかにすることが裁判の争点ではない」として、「消耗的な論争よりは、言論の表現の自由に属する部分に弁論を集中してほしい」とくぎを刺した。
 その上で、チョン氏の携帯電話の通話記録に関する照会請求や、加藤氏が記事で朴大統領の密会に関するうわさを引用した韓国大手紙・朝鮮日報のコラムを執筆した崔普植(チェ・ボシク)記者の証人申請を認めた。
 次回公判は来月20日。
ikasumi@yna.co.kr
2015/03/30 19:00配信  Copyright 2015(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.