ソフトB・李大浩、開幕戦で連続死球

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
ソフトB・李大浩、開幕戦で連続死球
ソフトB・李大浩、開幕戦で連続死球

ソフトバンクのイ・デホ(李大浩)のシーズン開幕戦は、バットではなく体にボールが当たっただけだった。それも2回。(提供:OSEN)

 ソフトバンクのイ・デホ(李大浩)のシーズン開幕戦は、バットではなく体にボールが当たっただけだった。それも2回。

 イ・デホは27日のロッテ戦に5番指名打者で出場。2打数無安打2死球で、2015年のシーズン開幕から2つの死球を受けるという珍記録を見せた。

 昨シーズン、不動の4番だったイ・デホは、今シーズンは5番で登場。1回裏、2死1・2塁で回ってきた初打席は、2球目に死球となり出塁するも、後続打者にヒットが出ず得点には至らなかった。

 続いて3回裏の第2打席は2死3塁というチャンスで、初球が再び体に当たって出塁。連続死球にイ・デホは少し不満そうな表情を見せ、マウンドを見つめた。ここでも後続打者のヒットは出ず、無得点。

 0-2で2点を追っていた6回裏のイ・デホの第3打席は、粘ったものの6球目をピッチャーゴロでアウトに。8回裏の第4打席は初球をライトフライという結果に終わった。

 ソフトバンクは、9回裏に1点をかえし、2死2・3塁で4番打者の内川がショートゴロでアウトとなり、イ・デホまで打順は回ってこないまま試合終了。1-3で負けを喫した。

2015/03/27 22:33配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.