救急ヘリ墜落で募る住民の不安

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
救急ヘリ墜落で募る住民の不安
救急ヘリ墜落で募る住民の不安

13日午後8時27分ごろ救急搬送のため出動した海洋警察ヘリが韓国南西部海上に墜落。事故を目撃した可居島の住民は、事故への悲しみと共に今後の不安がよぎる。(提供:news1)

 13日午後8時27分ごろ、韓国南西部に位置する全羅南道(チョルラナムド)可居島(カゴド)の南側約2kmの海上で、西海地方海洋警備安全本部の海洋警察B-511ヘリコプターが墜落した。

 このヘリは、13日午後から虫垂炎の症状を見せた7歳の少年を、木浦(モッポ)市内の病院に搬送するために午後7時40分に出動。操縦士のチェ警部補の他に、操縦士ペク警部補、整備士のパク警長、救急救助士のチャン巡査の4名が乗っており、着陸の過程で墜落した。

 事故発生から2時間後、呼吸の確認が取れない操縦士のチェ警部補を発見したが死亡。残りの3名は依然、行方不明のままである。事故ヘリの扉などの機体の一部や搭乗者の所持品と見られるものは先に発見されている。

 このヘリは木浦航空隊所属のB-511で人命救助や捜索、警備業務用に使用され、セウォル号事故の際に最初に到着したヘリでもある。最大8名の搭乗が可能で、長さ13.7m・幅3.3m・高さ4.1mで、平均3時間の運行が可能であり、夜間航法装備や自動飛行装置、救急医療装備などを備えている。

 現在、西海地方海洋警備安全本部には、行方不明者の家族はもちろん、同僚も駆けつけ、無事に帰ってくるのを祈りながら救助の知らせを待っている。

 また事故を目撃した可居島の住民は、事故への悲しみと共に今後の不安がよぎる。

 3年前に可居島に24時間診療できる公衆保健医師2名と看護師2名が配置された。しかし手術が必要な患者の治療は不可能で、海洋警察や消防本部に救急ヘリを要請するしかない状況である。今回の事故が今後の出動に影響するのではないかと憂慮している。

 人口500名ほどの可居島は、木浦から4時間30分の快速船に乗らなければ行けず、島内の救急医療専用ヘリであるドクターヘリにすら、そっぽを向かれてきた。
2015/03/14 11:42配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.