対北制裁解除 哨戒艦撃沈事件への謝罪必要=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
対北制裁解除 哨戒艦撃沈事件への謝罪必要=韓国
 【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は29日、記者団に対し、2010年の海軍哨戒艦「天安」撃沈事件を受けて実施している対北朝鮮制裁「5・24措置」の解除のためには、北朝鮮が事件を起こしたことを認めて謝罪し、再発防止などの措置を取る必要があるとの姿勢を示した。
 韓国政府は同事件を受け、北朝鮮との交流を原則禁じる制裁を取った。
 同当局者は李明博(イ・ミョンバク)前大統領が来月2日に出版する回顧録で、同事件に関連し、北朝鮮が「同じ民族として遺憾に思う」との立場を表明することを提案したが、韓国政府が拒否したと明かしたことについて、「回顧録の内容に言及するのは適切でない」としてコメントを避けた。その上で、「北の仕業と結論付けられたもので、北側が自分たちの仕業ではないと主張することは受け入れられない」と指摘。「言い分があれば対話の場に出て話せば良い」と述べ、南北当局間の対話に応じるようあらためて求めた。
 一方、旧正月(今年は2月19日)に合わせた南北離散家族再会行事が事実上、困難になったことについては、「必ず旧正月にするというわけではない。旧正月が過ぎて再会が行われても関係ない。実現することが重要だ」と述べた。
 同当局者は李氏の回顧録に南北が水面下で接触を行っていたと記されていることについても言及を避けた。ただ、11年5月、中国・北京で南北当局が接触し、首脳会談の開催について協議したとの報道があったことについては、「われわれの主な目的は哨戒艦事件と延坪島挑発に対する北の謝罪、再発防止だった」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr
2015年1月29日14時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.