韓国政府「北朝鮮は(韓国との)対話意思を持っていると判断」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国政府「北朝鮮は(韓国との)対話意思を持っていると判断」
韓国政府「北朝鮮は(韓国との)対話意思を持っていると判断」
韓国政府は26日、北朝鮮が韓国側の対話提案に応じない状況が続く中、「北朝鮮は対話意思を持っていると判断している」と明かした。
 韓国政府は26日、北朝鮮が韓国側の対話提案に応じない状況が続く中、「北朝鮮は対話意思を持っていると判断している」と明かした。韓国統一部の林丙哲(イム・ビョンチョル)報道官は同日の定例記者会見で「北朝鮮が新年のあいさつなど、公式に明らかにした内容を通じて、そのように判断している」としてこのように述べた。

 林報道官は「政府の立場では公式的な立場を持って判断している」とし、「北朝鮮が南北対話や交流に対する意思を明かしたのは事実」と説明した。

 北朝鮮が最近、南北対話と交流の全面中断を招いた「5・24措置」の解除と米韓合同軍事訓練を離散家族対面の前提条件に入れるなど、対話を回避する態度を見せることに対しては「北朝鮮の意図を断定的に評価したりはしない」として留保の立場を示した。

 林報道官はそうしながら、「北朝鮮が本当に南北関係改善の意志があるならば、不当な前提を掲げずに対話に出て、関心事案に関して協議しなければならない」とし「政府の対話提案は1月が過ぎても有効だ」と強調した。続けて「政府は今後、北朝鮮の反応と南北関係の状況を見守り、さまざまな対応方案を検討する。北朝鮮が掲げた前提条件を政府が先制的に措置するつもりはない」と付け加えた。
2015年1月26日13時37分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.