南北当局間会談 1月以降も可能=韓国政府

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
南北当局間会談 1月以降も可能=韓国政府
南北当局間会談 1月以降も可能=韓国政府
会見する林報道官(資料写真)=(聯合ニュース)
 【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の林丙哲(イム・ビョンチョル)報道官は26日の定例会見で、北朝鮮に1月中の当局間会談を開催するよう提案したことについて、「1月が過ぎても有効だと思う」と述べ、時期にこだわらない考えを示した。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領直属の統一準備委員会は昨年末、双方の関心事について議論する当局間会談を提案している。
 林報道官は会談をあらためて提案することに関しては、「今後の北の反応など南北関係の状況を見極めながら、対応策を検討していく」として、追加提案の可能性を残した。
 ただ、北朝鮮が対話の前提条件として示している韓米合同軍事演習の中止や対北朝鮮制裁措置「5・24措置」の解除については、「北を会談のテーブルに着かせるため、北が要求している前提条件をわが政府が先に受け入れる意向はない」と述べた。その上で、「北が掲げている前提条件はまず対話の場に出てきてわが政府と協議し解決すべき問題」と強調。「対話が開催される前に不当な前提条件に応じるのは南北関係の根本的な発展のためにも望ましくないと思う」と指摘した。

kimchiboxs@yna.co.kr
2015年1月26日11時5分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.