サムスン最新「ギャラクシーS6」 プロセッサーに注目

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
サムスン最新「ギャラクシーS6」 プロセッサーに注目
 【ソウル聯合ニュース】米半導体大手クアルコムが過剰な発熱で問題になっているスマートフォン向けアプリケーションプロセッサー「スナップドラゴン810」の設計を見直す方針を決めたとされる中、サムスン電子がスマホの次期主力モデル「ギャラクシーS6」に自社開発したプロセッサーを搭載するかどうかに注目が集まっている。
 アプリケーションプロセッサーはパソコンのCPU(中央演算処理装置)に当たる中核部品。
 海外メディアは26日までに、クアルコムが今年3月までに「スナップドラゴン810」の発熱問題を改善する計画で、これはサムスンの「ギャラクシーS6」発売に合わせるためとの見方を示した。
 サムスンは「ギャラクシーS」シリーズで主に「スナップドラゴン」シリーズを搭載しており、クアルコムの年間売り上げの12%を占めるとされる。
 一方、サムスンは「ギャラクシーS6」を今年3月に開かれる世界最大の携帯情報端末見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で公開する計画のため、「スナップドラゴン810」は搭載しないのではないかとの見方が強まっている。
 サムスンは自社製のプロセッサー「エクシノス」を「ギャラクシーS6」に搭載することで、現在5%に過ぎない世界シェアの拡大を目指すのではないかとの予測もある。
 ただ、クアルコムとサムスンは「公式に決定したことはない」と表明している。

ikasumi@yna.co.kr
2015/01/26 10:04配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.