韓国の輸出競争力低下 ウォン換算額が2年連続減

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国の輸出競争力低下 ウォン換算額が2年連続減
 【ソウル聯合ニュース】昨年、韓国の名目の輸出額はドル換算で過去最大を記録したが、ウォン換算では2年連続で減少したことが26日までに分かった。
 韓国産業通商資源部と韓国貿易協会によると、昨年の輸出額は5731億ドル(約67兆3800億円)で前年比2.4%増加した。しかし、ウォン換算では603兆ウォン(約65兆7200億円)にとどまり、前年比1.5%減少した。
 ウォン換算の輸出額は2012年の617兆ウォンをピークに、2年連続のマイナスとなった。2013年はドル換算が2.1%増加した半面、ウォン換算は0.7%減少した。
 その原因としてウォン高が挙げられる。為替相場は2013年に1ドル=平均1095.0ウォンで前年比2.8%のウォン高・ドル安だったのに続き、昨年も1053.2ウォンで3.8%のウォン高となった。
 しかし、専門家らは根本的な要因として、先進国の景気鈍化の継続と中国市場の内需中心へのシフト、これに適応できない韓国企業の輸出競争力の低下を指摘する。以前のように対ドル相場の影響を相殺できず、輸出成長率が鈍化したという。
 2000年からの15年間にウォン高・ドル安だった年は11回あったが、ウォン換算の輸出額が減少したのは2013年と2014年だけだ。2010年の場合は9.4%、2011年も4.2%、ウォン高・ドル安が進んだにもかかわらず、ウォン換算の輸出額は14.0%増、17.0%増となった。
 通貨の価値はその国の競争力に比例し、特に輸出の好調などで経常黒字が拡大するほど通貨価値の上昇圧力は強まる。輸出企業はこれに対応し、外国通貨による取引や海外生産比重の拡大など為替変動の影響を軽減する方策を通じ、輸出競争力を強化していかなければならないと指摘される。

mgk1202@yna.co.kr
2015年1月26日10時3分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.