仁川・園児暴行の保育士、令状実質審査に出席

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
仁川・園児暴行の保育士、令状実質審査に出席
 4歳の子どもを拳で暴行するなど常習的に子どもたちに虐待した疑いを受けている仁川(インチョン)の保育園の保育士キム某氏(25、女性)が23日午後、拘束前被疑者審問(令状実質審査)を受けるため、裁判所に出廷した。

 キム氏はこの日午後2時30分ごろ、裁判所に到着。キム氏は常習的な虐待の疑いを認めるのかという記者の質問に「申し訳ありません」、園児たちを叩いた理由については「申し上げる言葉がありません」と答えた後、法廷へ向かった。

 裁判所が令状を発行する場合、キム氏は三山(サムサン)警察署留置場に拘留されたまま、追加調査を受けることになる。

 キム氏は昨年3月から仁川の保育園で保育士として勤務しながら、4歳の子どもなど園児12人を虐待した疑いを受けている。

 警察が確保した保育園の監視カメラにはキム氏が子どもたちの顔や身体を手やボールペンなどで押したり叩く姿、子供たちがご飯を残した料理を無理やり食べさせる姿、子どもたちに与えるべきノートをいいかげんに投げるように配る姿などが収められている。

 キム氏は警察の調査で監視カメラの映像に映っていた行動のほとんどを認めたが、暴行と認めらないとし、自分の行動に悪意はなかったと主張したことがわかった。

 事件を捜査している仁川・三山警察署はこの日、同保育園の園長A氏(65、女性)を被疑者として呼び、調査する。

 警察はA氏を相手に事件の拘束令状が申請された保育士キム氏が園児たちを暴行した事実を知っていたのか、暴行の事実を知った後、保育士らに保安を指示したのかなどを調査する予定だ。
2015年1月26日11時12分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.