金第1書記、韓国ビラ散布に応じるため空軍訓練を現地指導

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
金第1書記、韓国ビラ散布に応じるため空軍訓練を現地指導
金第1書記、韓国ビラ散布に応じるため空軍訓練を現地指導

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、空軍の追撃機・爆撃機の飛行戦闘訓練を現地指導したと、24日に朝鮮中央通信が報じた。(提供:news1)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、空軍の追撃機・爆撃機の飛行戦闘訓練を現地指導したと、24日に朝鮮中央通信が報じた。

 朝鮮中央通信は「最高司令官、金正恩同志の直接的発起により」訓練が進められたと伝え、金第1書記が今回の訓練を直接指示したことを明らかにした。

 特に訓練に参加した近衛第1航空及び、追撃機・爆撃機連帯の軍人らが「新年の始めから対決雰囲気の鼓吹によって、くそまみれの泥棒猫たちを追い払い、我々の尊厳と体制を悪辣にけなす反共和国の心理謀略の策動にしがみつき、最前線の雰囲気をひえびえさせる醜い人間たちと、それを放置している無責任な者たちを歴史の審判台の上に上がらせ、全同胞の名前により殲滅的な火を浴びせる燃えたぎる敵対心」を固めたと表現し、今回の訓練が韓国の民間団体によるビラ散布に対応するレベルで行われたことを示唆した。

 また金第1書記は訓練を前に空軍司令官と参謀長を呼んで、飛行航路と座標を示し、飛行戦闘任務を命じたと意味するような内容も報じられた。

 一説では、北朝鮮が韓国側で行われているビラ散布が起きた場合、武力で対応する方針を示唆したという憶測が提起されている。

 この日の訓練に未知の目標に対する探索と襲撃、“敵”の機械化部隊集結所に対する航空偵察、各機種間の自由空中戦闘、特殊技巧飛行、短期離着陸任務などが含まれていたことが明らかになった。

 金第1書記は各訓練を見守った後、満足そうな表情で軍を賞賛した。

2015年1月24日23時30分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.