大統領府文書流出 元秘書官ら起訴事実認めず=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
大統領府文書流出 元秘書官ら起訴事実認めず=韓国
 【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の元側近、チョン・ユンフェ氏が国政に介入したとする内容の青瓦台(大統領府)内部文書が流出し、マスコミに報じられた事件をめぐる初の公判前整理手続きが22日、ソウル中央地裁で行われた。
 文書を流出させたとして公務上秘密漏えいなどの罪で起訴された警察官のパク・グァンチョン被告、元青瓦台公職紀綱秘書官の趙応天(チョ・ウンチョン)被告、ソウル地方警察庁所属の警察官が法廷に立ち、趙被告と警察官は起訴事実を否認した。パク被告は弁護人側と意見を調整していないとして、追って認否を明らかにするとした。
 パク被告は青瓦台公職紀綱室に出向していた際、趙被告と共にチョン氏の国政介入を指摘した報告書など青瓦台の文書を持ち出し、朴大統領の実弟である朴志晩(パク・ジマン)氏側に渡していたとされる。
 ソウル地方警察庁の警察官は同庁の情報分室に保管されていたパク被告の荷物から文書を取り出してコピーし、流出させた疑いが持たれている。
 検察側は機密性の高い捜査資料があるとして今後の公判を非公開とするよう要請した。
stomo@yna.co.kr
2015/01/22 15:02配信  Copyright 2015(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>