韓国民間団体代表 北批判ビラ問題で控訴「散布は非公開」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国民間団体代表 北批判ビラ問題で控訴「散布は非公開」
 【議政府聯合ニュース】元北朝鮮脱出住民(脱北者)の李民馥(イ・ミンボク)氏が、当局による対北朝鮮非難ビラ散布の阻止は適法とする地裁判決を不服とし、控訴していたことが18日までに分かった。李氏は散布を阻止され精神的な苦痛を受けたとして、国を相手取り5000万ウォン(約540万円)の損害賠償を求める訴訟を起こしていた。
 裁判所は今月6日の一審判決で、民間団体のビラ散布は表現の自由に当たるが、北朝鮮が「報復措置を取る」などとして強く反発しており、南北軍事境界線周辺に暮らす国民の生命への脅威に対応するため、ビラ散布を阻止できると判断した。
 これに対し李氏は、判決は科学的な常識を逸脱していると主張。「夜間に非公開で(北朝鮮に向け)飛ばしているのを北の軍が見つけ、砲撃する可能性が高いというのは間違っている」などと控訴の理由を説明した。
 一方で李氏はこのほど韓国政府のビラ散布の自制要請を受け入れ、当分の間、散布の回数を減らすことを表明している。

sarangni@yna.co.kr
2015年1月18日14時4分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.