韓国専門家チーム 日本で2回目の水産物安全性調査実施

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国専門家チーム 日本で2回目の水産物安全性調査実施
 【東京聯合ニュース】東京電力福島第1原発事故を受け、韓国が実施している日本水産物の輸入禁止措置に関連し、韓国専門家チームが日本を訪問し、13日から水産物の安全性調査に着手した。
 前日日本を訪問した民間専門家委員会は13日午前、岩手県内の魚市場を視察。4日間の調査を開始した。
 漢陽大原子力工学科の?在己(イ・ジェギ)教授が団長を務める調査チーム12人は岩手、青森、北海道を訪問し、日本で水揚げされた水産物の流通過程や放射性物質の検査結果などについて点検する。また、現地で採取した標本を韓国に持ち帰って分析し、結果を日本側の調査結果と比較する計画だ。
 民間専門家委員会は昨年12月には東京、千葉、福島などで現地調査を行い、福島原発を訪問して汚染水の管理状況を視察した。
 韓国政府は原発事故後、福島・茨城・群馬・宮城・岩手・栃木・千葉・青森の8県でとれた水産物の輸入を2013年9月9日から禁止している。
 日本政府はこの措置について、科学的な妥当性がないと主張。輸入禁止解除を要求しており、韓国政府は現地調査の結果などに基づいて後続措置を決める方針だ。
yugiri@yna.co.kr
2015/01/13 20:2配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.