大統領元側近が検察へ出頭 疑惑を全面否定=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
大統領元側近が検察へ出頭 疑惑を全面否定=韓国
 【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の元側近で「陰の実力者」と呼ばれ、国政介入疑惑が取りざたされているチョン・ユンフェ氏が10日午前、ソウル中央地検に出頭した。現政権発足後、さまざまなうわさの渦中にいたチョン氏が公の場に姿を現すのは初めて。
 チョン氏は青瓦台(大統領府)の内部文書を基に国政介入の疑惑を報じた韓国紙・世界日報を名誉毀損(きそん)の疑いで告訴した告訴人であると同時に、最大野党の新政治民主連合が国政介入疑惑を提起して告発した事件の被告発人でもある。
 出頭の際、報道陣に対して「こんなとんだ火遊びを誰がやったのか、すべて明らかになるだろう。国政介入疑惑は事実ではない」と一連の疑惑を否定した。
 世界日報は先月28日、チョン氏が大統領府高官と定期的に会い、政府の人事に介入しようとしたとする疑惑を報じた。青瓦台は内部文書の存在は認めたものの、証券街などで出回る情報をまとめたもので、事実関係は異なるとしている。
 検察は文書作成者や情報提供者らを調査したほか、チョン氏らが定期的に会ったとされる飲食店などへの家宅捜索を行ったが、高官らとの会合はなかったとみている。
 チョン氏をめぐっては、産経新聞前ソウル支局長が4月の旅客船沈没事故当日に朴大統領と会っていたとのうわさを取り上げ、名誉毀損で在宅起訴された。

csi@yna.co.kr
2014/12/10 10:04配信  Copyright 2014(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.