ソフトバンク、日本S優勝! 李大浩は鎮痛剤打ち2安打の活躍

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
ソフトバンク、日本S優勝! 李大浩は鎮痛剤打ち2安打の活躍
ソフトバンク、日本S優勝! 李大浩は鎮痛剤打ち2安打の活躍
ソフトバンクホークスが通算6度目の日本シリーズ優勝を果たした。4番イ・デホ(李大浩)はプロデビューして初となる優勝の栄光を手にしたことになり、韓国人選手としても、4人目の日本シリーズ優勝経験者となった。
 福岡ソフトバンクホークスが阪神タイガースを破り、通算6度目の日本シリーズ優勝を果たした。

 ソフトバンクは30日、福岡ヤフオク! ドームで行われた日本シリーズ・阪神との第5戦で、1-0で勝利した。これでシリーズ成績4勝1敗となり、3年ぶりに日本一に輝いた。

 また、ソフトバンクの4番イ・デホ(李大浩)はプロデビューして初となる優勝の栄光を手にしたことになり、韓国人選手としても、4人目の日本シリーズ優勝経験者となった。

 前日の第4戦では手首の負傷により途中交代したイ・デホ(32)は、鎮痛剤を打ち出場するという闘魂を見せ、チーム優勝に貢献した。イ・デホは今回の日本シリーズで18打数6安打(0.333)に4打点を記録。第5戦でも4番・指名打者として出場し、4打数2安打の活躍を見せた。
2014年10月31日9時56分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.