谷内安保局長 韓国国家安保室長と会談=関係改善に努力

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
谷内安保局長 韓国国家安保室長と会談=関係改善に努力
谷内安保局長 韓国国家安保室長と会談=関係改善に努力

金浦空港に到着した谷内局長(左)。右は別所浩郎・駐韓日本大使=21日、ソウル(聯合ニュース)

 【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長(閣僚級)は21日午後、谷内正太郎・国家安全保障局長と青瓦台で会談し、両国関係と朝鮮半島情勢などに対して意見を交換した。青瓦台が同日明らかにした。
 青瓦台によると、安倍晋三首相の外交政策のブレーンである谷内氏は会談で、両国は最も近い隣国として戦略的な利益を共有していると指摘。国交正常化50周年を迎える来年に向け、関係の改善のために努力するよう求めた。また、日朝間交渉の経過を説明し、日韓や日米韓の緊密な協調の下で協議を推進するとの立場を再確認した。
 これに対し金室長は「韓日間の協力が両国関係だけでなく北東アジア地域と世界における平和と安定のために重要だ」と強調。「来年迎える韓日国交正常化50周年を契機に両国が未来に向けた関係になれるよう、真剣な努力をする必要がある」との考えを示した。その上で、「そのために何よりも日本の政治指導者が過去の歴史による傷を、誠意をもって修復する努力が重要で、特に旧日本軍による慰安婦問題の被害者の解決は最も重要な核心懸案」と強調した。
 また谷内氏は日米防衛協力指針(ガイドライン)の改正など、日本の防衛・安保政策に対して説明。金室長は日本の集団的自衛権行使容認の推進に対する韓国政府の立場を再度伝え、ガイドラインの改正は周辺国の懸念に配慮し、透明に行われるべきと主張した。
 北朝鮮の核とミサイル問題についても意見を交換し、緊密に協力することで一致した。
 金室長は朝鮮半島信頼プロセス(対話や人道支援を通じ南北の信頼構築を目指す政策)や朴槿恵(パク・クネ)大統領が8月15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の式典で行った演説、ドレスデン構想など韓国政府の北朝鮮政策、北東アジア平和協力構想を通じ地域内の対話と協力の慣行を蓄積しようとする韓国政府の計画を説明し、日本の積極的参加を呼び掛けた。


yugiri@yna.co.kr
2014/10/21 18:05配信  Copyright 2014(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.