元中日・宣銅烈の記録に並んだ阪神・呉昇桓、“宣”より出でて“宣”より強く…なるか?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
元中日・宣銅烈の記録に並んだ阪神・呉昇桓、“宣”より出でて“宣”より強く…なるか?
元中日・宣銅烈の記録に並んだ阪神・呉昇桓、“宣”より出でて“宣”より強く…なるか?

阪神・呉昇桓投手(左)と元中日・宣銅烈投手(右)(提供:OSEN)

 阪神のオ・スンファン(呉昇桓)は、27日のヤクルト戦で38セーブを決め、日本プロ野球デビュー年から韓国人初となるセーブ王が確定し、さらに元中日の投手、ソン・ドンヨル(宣銅烈)が記録したシーズン最多セーブ数に並んだ。

 現在、韓国プロ野球・KIAドラゴンズの監督を務めているソン・ドンヨルは、1996年に中日に入団し、2年目の1997年に横浜・佐々木主浩と並ぶ38セーブをあげたが、当時はセーブポイントで表彰されていたため、セーブ王の座にはつけなかったが、歴代外国人投手で最多セーブとなった。またこの記録は、2008年まで破られることはなかった。

 オ・スンファンが2005年、韓国プロ野球・三星ライオンズに入団当時に監督だったソン・ドンヨル。2006年のWBCにもオ・スンファンは代表に選ばれ、ソン・ドンヨルは投手コーチとして代表チームに参加している。

 ソン・ドンヨルに育てられたオ・スンファンが師匠の記録を塗り替えようとしている中、彼自身は28日、日本のメディアに「ソン・ドンヨル監督とは比べ物になりません。ソン監督とは全然違います」と謙遜している。

2014/09/29 22:13配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.