新体操の妖精・孫延在 仁川アジア大会で金メダル目指す

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
新体操の妖精・孫延在 仁川アジア大会で金メダル目指す
新体操の妖精・孫延在 仁川アジア大会で金メダル目指す
孫延在=(聯合ニュース)
 【ソウル聯合ニュース】韓国で「新体操の妖精」と呼ばれる孫延在(ソン・ヨンジェ、20)は仁川アジア大会(9月19日〜10月4日)で最も注目される韓国スポーツスターのうちの一人だ。同大会では韓国新体操史上初の金メダルに挑戦する。

 孫はシニアデビューした2010年に広州アジア大会で韓国人選手として初めて個人総合銅メダルを獲得し、頭角を現した。



 その後も実力をつけ2012年ロンドン五輪では韓国人選手初の決勝進出を果たし、個人総合5位を記録、再び韓国新体操の歴史を塗り替えた。

 また、新体操のワールドカップ(W杯)で10試合連続メダル獲得に成功する記録も達成した。

 10日に閉幕したW杯ブルガリア大会で孫は個人総合に続きフープとボールでも銅メダルに輝きアジア大会での金メダル獲得の期待を高めた。出場したアジア選手のうち最高の成績だった。仁川アジア大会で孫のライバルとして挙がっている中国のトウ森悦は個人総合7位、ウズベキスタンのエリザベータ・ナザレンコワとジャミラ・ラフマトワはそれぞれ8位と12位にとどまった。

 現在ロシアで訓練中の孫は29日、所属事務所のIBスポーツを通じ、「国内で開かれる総合大会なので全力を尽くすことしか考えていない」とアジア大会への意気込みを語った。

 金メダルに対する期待が高まっていることについては「金メダルは誰もあらかじめ決めておくことはできない。ベストを尽くすが、金メダルが有力だと考えながら大会に臨むようなことはない」とコメントした。

 ライバル選手については「皆実力が優れているため油断できない。結局は自分との戦いになるだろう」と覚悟を語った。

2014年8月29日13時4分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.