W杯敗退の韓国 洪明甫監督「私が最も力不足だった」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
W杯敗退の韓国 洪明甫監督「私が最も力不足だった」
W杯敗退の韓国 洪明甫監督「私が最も力不足だった」
ベルギー戦で硬い表情を見せる洪明甫監督=26日、サンパウロ(聯合ニュース)
 【サンパウロ聯合ニュース】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、H組の韓国代表は26日(日本時間27日)、サンパウロで行われたベルギーとの1次リーグ最終戦で敗れ同組最下位でのグループリーグ敗退が決まった。

 洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は試合後の記者会見で自身の力不足を認めた上で、今大会について「後悔はない」と振り返った。去就については明らかにしたかった。

 以下は一問一答。

――決勝トーナメントに進出できなかった決定的な理由は何か。

「選手たちは最善を尽くしたが、W杯で戦うには監督である私が最も力不足だったと思う」

――選手と自身に何点をつけるか。

「選手を点数で評価することはできない。試行錯誤があったが、その中で選手らはベストを尽くした。私についても自分で評価するのは適切でない。確実に言えるのは私が最も足りない部分だったということだ」

――得点が必要だったきょう、ゴールできなかった理由は。

「相手が1人退場になる前までわれわれが劣勢だったが、反撃のチャンスを作りながら試合を進めた。相手が1人退場になってからは状況が変わり、われわれがサイドからの攻撃を増やさなければならなかったが攻撃が中央に集中してしまった」

――今大会ではアジア勢が振るわなかったが。

「ほかのアジアの国も最善を尽くしたと思う。だが、まだ壁があるという印象を受けたのも事実だ」

――去就について。

「この場では言えないが、しっかり判断したい。私は基本的にほかの人の考えに影響されず自分で判断する。これまでもそうしてきた。このチームは私が初めから作り上げ今W杯が終わるまで責任を負わなければならないという考えに変わりはない」

――韓国がW杯決勝まで行くにはどこを補強しなければならないか。

「常に韓国の選手らは夢を持っている。だが、その夢を実現するためには多くの努力が必要だ。それは私についても同じだ。全体的にわれわれがW杯に挑戦するには足りない面があった」

――ベルギーのように韓国籍を取得した外国人選手でディフェンスを補う考えはないか。

「今後才能あるディフェンダーが出てくることを信じ期待している。選手たちに不満があるわけではない」

――今大会で残念な点があるとすれば何か。

「やはりアルジェリアとの試合で前半に3点を失いチームが崩れたことが最も残念だ。後半に切り札となるものを準備していたが、それを使う前にチームが崩れた。それでも選手たちは準備してきた戦略的なプレーをしたと思う」

――後悔はないか。

「個人的に与えられた状況でベストを尽くし今大会で後悔しないことが一番の目標だった。実力不足で私もやはり足りない部分があったが、最善は尽くしたので個人的に後悔はしていない。前向きに捉えれば、こうした大きな大会で経験を積んだことが選手に良い影響を与えるはずだ」

――後半にスタミナが切れたとの指摘があるが。

「結果的にそうした状況になったのは指摘のとおりだ。常に与えられた状況で選手たちのコンディション管理に努めているが、後半のスタミナに問題があったとすれば結果的に失敗したと言える」

―FW朴主永(パク・ジュヨン)が出場しなかったが。

「個人的な面談はしなかった。この試合に必要な選手を投入し、ほかの選手が十分に役割を果たしたと思う」

2014年6月27日12時11分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.