韓国代表の洪監督 W杯初戦ドローに「良い試合内容」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国代表の洪監督 W杯初戦ドローに「良い試合内容」
韓国代表の洪監督 W杯初戦ドローに「良い試合内容」
選手らに作戦を指示する洪監督=(聯合ニュース)
 【クイアバ聯合ニュース】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は17日(日本時間18日)、1次リーグH組の韓国がクイアバでロシアとの初戦に臨み、1―1で引き分けた。韓国代表を率いる洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は試合終了後の記者会見で、「結果は残念だが、良い試合内容だったため、うつむく理由はない」と強調した。22日(日本時間23日午前4時)の第2戦、アルジェリア戦で韓国代表はさらに良くなると自信をのぞかせた。

 H組はベルギーが勝ち点3で首位、韓国とロシアが勝ち点1で2位に並んだ。アルジェリアは勝ち点0。韓国はアルジェリアかベルギーのどちらかに勝利しなければ決勝トーナメントに進めない。

 以下は洪監督の一問一答。

――試合の感想は。

「先制したが同点ゴールを許した。悔しい思いがある。しかし、W杯初戦としては立派だった。結果は残念だが、良い試合内容を見せることができたため、うつむく理由はない」

――準備した通り展開できたか。

「戦術的、体力的に準備したすべてを注いだ。選手が一瞬一瞬で鋭く良いプレーをした」

――ロシアの同点ゴールをどう考えるか。オフサイドではなかったか。

「あの状況がオフサイドだったかは分からない。韓国の守備によるもので、オフサイドではないと思った」

――李根鎬(イ・グンホ、尚州尚武)を投入する前にどんな話をしたか。

「相手のセンターバックのスピードが後半落ちるとみて、積極的にすきを狙えと話した」

――米マイアミでの合宿練習中に強調したサイド攻略より、センターとロングパスが多かった。意図したものか。後半に韓国が体力で押されていたようにも見えたが。

「相手が圧力をかけるスピードが速かったため、ボールを安全に後ろに送ってからつないでいこうとした。ボールを奪われればロシアの逆襲につながる。ロングパスは特に指示せず、きちんと回していくお決まりのプレーを多くした。洪正好(ホン・ジョンホ、独アウクスブルク)を使ってみたが、練習量が足りなかった。結果的には残念な点でもあった」

――ストライカーの朴主永(パク・ジュヨン、英ワトフォード)を交代させるのが早すぎたのではないか。

「(朴に代わった)李根鎬を投入する時間をもともとそのくらいとみていた。朴は前方で守備の役割をうまくこなした。あの時点で李を投入するのが良いと考えた」

――韓国の戦力が充実してきたと言っていたが、今どの程度か。

「初戦は本来一番大変だ。プレッシャーにもかかわらず選手たちが自分の役割を良く果たした。(守備は良かったため、今後は)相手を良く研究し、弱点を見つけて攻撃面でもうまくやっていく」

――これまでロシア戦だけを研究していたようだが、アルジェリアも把握しているか。

「アルジェリア戦に備える時間は十分だ」

2014年6月18日14時6分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.