開城工業団地の搬出入量 約10年で4倍以上に拡大

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
開城工業団地の搬出入量 約10年で4倍以上に拡大
 【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮の経済協力事業、開城工業団地に韓国企業が入居し始めてから約10年がたち、企業数と労働者数、製品や資材の搬出入量が大幅に拡大したことが11日、分かった。

 ソウル本部税関によると、2004年12月末に18社だった入居企業は現在125社を数える。労働者数も3000人から5万3000人に増加した。

 1日に搬出入される製品や資材は、正確な統計が始まった2006年の198トンから今年は840トン(700万ドル=約7億1600万円相当)と4倍以上に拡大した。

 また、韓国企業が北朝鮮の労働者に提供する即席麺や菓子、パンなどの間食類の量は、工業団地の操業初期に年間13トンだったのが、現在は2000トンに上る。

 入居企業を業種別にみると、現在も繊維業の関心が高く、全体の58%を占める。機械金属が19%、電機電子が10%、化学が7%の順。 

2014/06/11 11:22配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.