ソフトバンク李大浩が入団会見「30本塁打が目標」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
ソフトバンク李大浩が入団会見「30本塁打が目標」
 【ソウル聯合ニュース】日本プロ野球のオリックスからソフトバンクへ移籍した李大浩(イ・デホ)内野手が29日、福岡県のヤフオクドームで入団会見し、「本塁打を30本は打ちたい」と目標を語った。

 李は2012年からオリックスでプレーし、通算で打率2割9分4厘、182打点、48本塁打を記録。日本の日刊スポーツは李について、10年には韓国のロッテ・ジャイアンツで44本塁打を放ち、個人通算2度目の打撃3冠王を獲得したと紹介している。

 李は故郷の釜山市から飛行機で50分足らずの距離にある福岡の印象を聞かれると、「初めて飛行機で福岡に来たが、近いと思った。機内で新聞を2面見ていたら到着した」と答え、報道陣を笑わせた。

 李を4番打者に検討している秋山幸二監督は「そういうところで打ってほしいと思うが、今のところは明言しない」と述べ、春季キャンプやオープン戦での競争を経て、実力で4番を勝ち取ってほしいと期待を示した。

2014年1月29日17時37分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.