韓国与野党 米議会の「慰安婦法案」可決を歓迎

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国与野党 米議会の「慰安婦法案」可決を歓迎
 【ソウル聯合ニュース】米上下院が旧日本軍の慰安婦問題の解決を日本政府に求める内容を盛り込んだ歳出法案を可決したことについて、韓国の与野党は17日、そろって歓迎の意を表明した。

 慰安婦問題が含まれた法案を米議会が可決したのは初めてで、17日中に政府に送られ、オバマ大統領が正式署名する予定だ。

 与党セヌリ党の金ギヒョン政策委員会議長は同日の幹部会議で、「日本は安倍晋三首相の靖国神社参拝など行き過ぎた右傾化や歴史歪曲(わいきょく)に対する懸念が世界に広がっていることを認識しなければならない」と指摘した。同党の李翰成(イ・ハンソン)人権委員長は「韓国政府と国会も慰安婦問題を民間に任せず、積極的な態度を取るべきだ」と強調した。

 最大野党民主党の朴光温(パク・グァンオン)報道官は論評を発表し、「今回の法案可決は慰安婦問題が終わっていない歴史であることを世界が確認する契機となった」と評価。日本政府に対し、「慰安婦の存在を認め、この問題への責任を求める法案に充実に応じることを求める」と訴えた。

 歳出法案には、2007年7月30日の米下院での慰安婦決議案(第121号)通過に注目し、日本政府がこの問題を解決するよう米国務長官に働きかけを求めるという内容が記されている。

2014/01/17 11:52配信  Copyright 2014(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>