韓国 南北ロ協力タスクフォース新設へ=ユーラシア構想

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国 南北ロ協力タスクフォース新設へ=ユーラシア構想
 【ソウル聯合ニュース】韓国政府が朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の公約「ユーラシア・イニシアチブ」の推進を本格化する。ユーラシア・イニシアチブとは、ユーラシア諸国との経済協力を通じ韓国の貿易を拡大し、これによって北朝鮮の開放を誘導して朝鮮半島の緊張感も緩和するという経済・外交構想。

 その具体化に向け、外交部は早ければ今月にも欧州局に韓国と北朝鮮、ロシア間の協力事業を実務的に検討する南北ロ協力タスクフォースを新設する予定だ。関係官庁と協議し、5人程度の人員も確保した。

 具体的には道路や鉄道、電力網、ガスと石油のパイプラインなどの協力事業が検討対象になりそうだ。これらの事業は民間企業が主体にならざるを得ないため、タスクフォースの役割も民間協力を促すための政府支援が中心になると予想される。

 韓国とロシアは昨年11月の首脳会談を機に、北朝鮮・羅先の羅津港とロシア極東沿海地方のハサンを結ぶ物流協力事業のうち、鉄道・港湾分野への韓国企業参加に関する覚書を交わした。外交部は企業間協議の進展に合わせ必要な支援を行う方針だ。同部関係者は16日、「南北ロ協力に関するあらゆる案件がタスクフォースの検討対象になり得る」と話した。

 タスクフォースが検討した内容は、官庁間協議を経て推進されるとみられる。政府は昨年8月、国務調整室の下に南北ロ協力の協議体を設けている。

2014年1月16日13時57分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.