韓国政府「安倍首相は馬耳東風」 靖国めぐる発言を批判

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国政府「安倍首相は馬耳東風」 靖国めぐる発言を批判
韓国政府「安倍首相は馬耳東風」 靖国めぐる発言を批判

靖国神社を参拝した安倍首相の発言を批判する趙報道官=9日、ソウル(聯合ニュース)

 【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は9日の定例会見で、安倍晋三首相が靖国神社への参拝を「当然」と述べたことについて、「馬耳東風」という言葉で批判した。

 趙報道官は「安倍首相のこの発言を韓国メディアが『馬耳東風』と表現したが、その言葉にしばらくわたしの目が留まった」と述べた。

 安倍首相は8日に出演したテレビ番組で、米国までもが自身の靖国参拝に「失望した」と表明したことに対し、「たとえ批判されることがあったとしても(首相として)当然の役割、責任を果たしていくべきだろう」と主張した。

 趙報道官はまた、島根県が来月22日に主催する「竹島の日」記念式典に安倍首相をはじめとする高官を招待する意向を示したことについて、独島は韓国固有の領土だとした上で、「到底理解できない」と批判した。

 さらに、日本は独島が朝鮮半島侵奪の最初の犠牲だったことを明確に記憶し、反省すべきだとし、「(日本が)独島に対する不当な主張を一日も早くやめることが、韓日友好の基本であり出発点だ」と強調した。

2014/01/09 17:40配信  Copyright 2014(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>