給食で使われた日本水産物 3年で4千キロ超=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
給食で使われた日本水産物 3年で4千キロ超=韓国
 【世宗聯合ニュース】2011年3月の東京電力福島第1原子力発電所事故発生後に韓国に輸入され、学校給食に使われた日本産水産物が4300キロに上ることが29日、分かった。

 教育部が国会農林畜産食品海洋水産委員会に所属する金椿鎮(キム・チュンジン)議員(民主党)に提出した資料によると、2011年3月から先月まで、全国の小中高校の給食で使われた日本産水産物は合計4327キロと集計された。

 2011年に238校で2054キロ、2012年に224校で1764キロ、今年は先月まで154校で504キロが使われた。

 地域別にみると、ソウル市が806キロ、大田市が542キロ、慶尚南道が519キロ、釜山市が430キロ、光州市が416キロ、江原道が402キロ、全羅南道が304キロなどだった。

 品目別では、かつお節が1610キロで最も多く、次いでサンマが1051キロ、スケトウダラが430キロ、サケの身が270キロ、タチウオが175キロ、ホッケが138キロなどの順だった。

 金議員は「最近、日本産水産物に対する国民の懸念が大きい」と指摘した上で、政府に対し安全な給食用水産物の供給対策を講じるよう促した。

2013年9月29日16時0分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.