<インタビュー>安倍首相夫人の涙に感銘 韓日議連の金泰煥氏

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
<インタビュー>安倍首相夫人の涙に感銘 韓日議連の金泰煥氏
<インタビュー>安倍首相夫人の涙に感銘 韓日議連の金泰煥氏
聯合ニュースのインタビューに応じる金泰煥氏=27日、ソウル(聯合ニュース)
 【ソウル聯合ニュース】「両国は不幸な過去の歴史を有しているが、基本的に関係は切っても切り離せないため、その重要性に変わりはない」――。

 韓国の与党セヌリ党の重鎮で、昨年11月から韓日議員連盟の会長代行を務めている金泰煥(キム・テファン)国会議員(70)は両国関係についてこう語る。大韓テコンドー協会会長や国会安全行政委員長などの重責を担うなか、改善の兆しが見えない両国関係の回復に向けて精力的な活動を続けている。

 金氏は1967年に丸紅のソウル支店に入社し、日本語を身につけた。当時は海外渡航が自由化されていない時代で、日本語のできるビジネスマンは貴重な存在だった。1974年には取引先だった錦湖グループ(現錦湖アシアナグループ)の東京支店長に抜てきされた。

 アシアナ航空の副社長を歴任するなど、企業家として活躍していた金氏は盧泰愚(ノ・テウ)、金泳三(キム・ヨンサム)両大統領の当選に大きな役割を果たした「キングメーカー」として知られる兄の金潤煥(キム・ユンファン)氏の地盤を引き継ぎ、2004年に初当選して政界入りした。金潤煥氏は韓日議連の会長を務めており、必然的に議連に加わることになった。

 最近、両国関係は悪化しているが、この10年間、日本政治家の韓国への考え方が変わったとは感じていない。先週、東京で開催された文化交流イベント「日韓交流おまつり」では、その盛況ぶりに舌を巻いたという。

 イベントには安倍首相夫人の昭恵さんや岸田文雄外相らも出席した。韓流ファンとされる昭恵さんは5月、フェイスブック(交流サイト)に韓国のミュージカルを鑑賞したことを報告し、「軽率だ」などの批判を受けた。そんな背景もあり、イベントで昭恵さんは涙を見せたという。

 「イベントに出席するとまた批判されるのではないかと、いろいろ悩んだのでしょう。こういう両国関係の現状を残念がっていたんだと思います」と振り返る。イベントに首相夫人と岸田外相がそろって出席したことについて、「関係改善に意欲を示すサイン」と受け止めたという。

 韓国の朴槿恵(パク・クンへ)大統領が就任してから実現していない両国の首脳会談については、「このところ変化の兆しがある。歴史認識をめぐる問題などで日本側が少しでも誠意を見せれば、年内に開催されると確信している」と前向きな考えを示した。「首脳会談で両国の問題が解消され、来年は良好な関係が回復することを期待する」と話す。

 10月にはソウルで日韓議連との幹事会議が開かれ、11月末をめどとしている両議連総会の日程や議題の調整を行う。総会は昨年、両国の関係悪化で開催されなかったが、今年は開くことで認識が一致したという。「政治は政治なりに交流を強化していきます。両国の関係は正常化されなければならないですから」と意気込んだ。(金泰均)

2013年9月27日17時25分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.