LINEのNHN デジタルコンテンツ流通事業に本腰

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEのNHN デジタルコンテンツ流通事業に本腰
 【台北聯合ニュース】韓国のインターネットサービス大手、NHNがスマートフォン(多機能携帯電話)向け無料通話・無料メールアプリケーション「LINE(ライン)」を通じ、本格的なデジタルコンテンツ流通事業に乗り出す。

 LINEを運営するNHN Japanは台湾・台北市内のホテルで新年会を開き、LINEで流通しているコンテンツを音楽、漫画、映画、ショッピング、教育、予約サービスなどに拡大する戦略を公開した。同社が31日、明らかにした。

 新年会はLINEの登録ユーザー数が1億人を突破したことを祝い開かれたもので、同社の森川亮代表取締役社長や台湾での事業責任者、同社幹部と現地メディア、企業関係者など150人余りが出席した。

 タオ副社長は「LINEをモバイルメッセンジャーを超えモバイルライフを提供するプラットフォームに成長させる。LINEを通じ音楽、漫画、映画などを楽しめるようにする」と述べた。これまでの絵文字(スタンプ)、ゲームを主力とした事業モデルから一歩進んだ新しい事業に取り組むとしている。

 NHNはまず企業の広報用として運営中の「公式勘定」を通じ、デジタルコンテンツを提供する方針だ。以降、利用者の反応を見て別途のデジタルコンテンツ流通の場を運営する可能性も示唆した。

 タオ副社長はQRコードを利用した事業モデルを例に挙げた。利用者が購入した商品のQRコードをスマートフォンで撮影すると該当企業が提供する絵文字を無料でもらえるという内容。

 NHNは日本に次ぐ市場として、1200万人のスマートフォン利用者の9割がLINEを使用する台湾でデジタルコンテンツを試験的に流通させる。その国・地域の利用者の特性に合わせ適用範囲を増やしていく方針だ。

2013年1月31日17時18分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.