羅老打ち上げ成功 純国産ロケット開発計画前倒しへ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
羅老打ち上げ成功 純国産ロケット開発計画前倒しへ
 【高興聯合ニュース】韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」(KSLV-1)の打ち上げが30日、成功した。自国で開発したロケットを自国で打ち上げ、衛星の軌道投入に成功した11番目の国となった。10番目は北朝鮮で、昨年12月の長距離ロケット発射で人工衛星を軌道に投入した。

 羅老で打ち上げられた衛星の発信する信号がノルウェーで探知され、衛星が目標軌道上で正常に信号を発信していることが確認されている。打ち上げ12~13時間後に大田市の人工衛星研究センターが衛星と交信できれば最終的な成功となる。

 韓国政府は羅老打ち上げ直後の記者会見で、純国産技術による「KSLV-2」の打ち上げ目標を当初の2021年から2018~2019年に前倒しすると発表した。今回の「KSLV-1」ではロシアが技術協力した。

 政府は今後、計画を全面的に修正し、予算拡大や人材育成などに向け具体策をまとめるとされる。

 2011年末に国家宇宙委員会が策定した開発計画によると、純国産技術によるロケットを開発し、1.5トン級の実用衛星を地上600~800キロの軌道に投入する。ロケットは3段式で全長46.5メートル、重さ200トン。全長33メートル、重さ142トンの羅老より大型となる。

2013/01/30 20:05配信  Copyright 2013(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2013/01/31 09:40


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.