韓国ロケット「羅老」 衛星分離まで成功

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国ロケット「羅老」 衛星分離まで成功
 【高興聯合ニュース】韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV−1)が30日午後4時に全羅南道・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられ、約9分間にわたり衛星分離までが順調に行われた。

 最終的な判断は1時間後の教育科学技術部長官の会見で発表される予定。衛星分離まで問題がなかったため、ロケットの打ち上げは成功した可能性が高い。

 高度302キロの軌道に科学衛星を秒速8キロで乗せたかどうかを確認するまでは40〜50分がかかる。

 航空宇宙研究院などによると、ロケットは午後4時に打ち上げられ、54秒後に音速を突破。215秒後に予定通り衛星保護カバーが分離された。カバーの分離は発射場から245キロ、高度177キロで行われたとみられる。229秒後に1段目のエンジンが止まり、232秒後に1段ロケットが分離された。395秒後には2段目の燃料が点火され、目標軌道に乗った。540秒(9分)後には衛星が分離され、軌道に投入された。

2013年1月30日16時44分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.