サムスンに賠償命令 特許開発の元社員への補償金

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
サムスンに賠償命令 特許開発の元社員への補償金
 【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の特許技術を開発した元社員が同社に対し正当な補償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は29日、サムスンに対し職務発明の補償金として60億3000万ウォン(約4億5660万円)を支払うよう命じた。

 補償金はサムスン電子が同社員の特許開発で得た収益を計625億6000万ウォン、開発者に対する補償率を10%とし、すでに支払った2億ウォンを引いて算出した。

 米名門大学出身の元社員は1991年から1995年まで、サムスン電子の首席研究員として勤務した。デジタル高画質(HD)テレビの研究・開発に取り掛かり、国内で10件、国外で28件の特許を会社名義で出願した。退職後も、米国で17件、香港で2件の特許が出願された。

 元社員は職務発明に関する内部規定を理由に補償金請求を断られ、2年前にサムスン電子を相手取り訴訟を起こした。
2012年11月29日21時1分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.