韓国金融当局 銀行の先物為替持ち高点検へ

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国金融当局 銀行の先物為替持ち高点検へ
 【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)と金融監督院が外国為替取扱銀行に対する特別共同検査を予定していることが30日、分かった。短期借入の抑制策である先物為替持ち高(ポジション)制度の運営実態全般を点検することが目的だ。

 韓国政府と金融当局によると、韓国銀行などは来月特別検査に乗り出す予定で、準備作業を進めている。

 最近、銀行で先物為替持ち高の規模が急拡大しているためだ。当局は、先物為替持ち高規模の拡大が銀行部門の外債増加などマクロ健全性のリスク要因として作用しかねず、綿密なモニタリングが必要と判断した。取引明細や形態などが検査対象となる。

 当局関係者は「先物為替持ち高規制を強化するかは、検査結果を見て判断する。現時点で決まったことはない」と話した。

 政府は2010年6月に資本流出入変動の緩和策を発表し、先物為替持ち高規制を設けている。その運営実態を点検するため、同年10~11月と昨年4~5月に特別共同検査を実施し、2回目の点検後には先物為替持ち高規制を強化した。そのため、今回も規制が強化されるとの観測も出ている。

 また、銀行が借り入れた外貨をスワップ市場で企業などのウォンと換えると、企業がこの外貨資金を銀行に預金として入れるという仕組み預金が、最近増加している。当局は今回の検査で、仕組み預金の実態も調べるとみられる。同預金の増加が銀行業界の短期借入拡大の原因になった可能性もあるためだ。為替ヘッジの通貨オプション商品が企業に多大な被害をもたらした前例を踏まえ、再発を防ぐ目的もありそうだ。

2012/10/30 10:47配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.