ソウル市中区 22日から偽ブランド品取り締まり

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ソウル市中区 22日から偽ブランド品取り締まり
 【ソウル聯合ニュース】ソウル市の中区が、22日から明洞を含む南大門市場観光特区と東大門ファッションタウン近隣の露店を対象に偽ブランド品販売の取り締まりを行う。同区が16日、明らかにした。

 取り締まりは、明洞272店、南大門市場267店、東大門ファッションタウン877店の合計1416店の露店が対象。

 同区は来月3日までは指導にとどめ、5日から本格的な取り締まりに入る。休日と深夜に集中して行い、違反者をソウル市・民生司法警察課に直ちに告発する予定だ。

 告発されれば「不正競争防止および営業秘密保護に関する法律」により3年以下の懲役または3000万ウォン(約213万円)以下の罰金(18条3項)、7年以下の懲役または1億ウォン以下の罰金(15条1項)に処せられる。

 同区は7月16日から9月30日まで明洞地域の露店を対象に偽ブランド品販売の取り締まりを行い、103の露店と50数億ウォン相当の偽造商品1万4814点を摘発している。

2012/10/16 21:05配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2012/10/17 09:24


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.