北朝鮮兵士の亡命後も開城工業団地は平常稼動

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
北朝鮮兵士の亡命後も開城工業団地は平常稼動
北朝鮮兵士の亡命後も開城工業団地は平常稼動

北朝鮮軍の監視所(手前)と開城工業団地=(聯合ニュース)

 【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の関係者は8日、南北経済協力事業を行う北朝鮮の開城工業団地は北朝鮮兵士の韓国亡命後も平常通り稼動していると伝えた。

 北朝鮮兵士は6日に上官2人を殺害し、南北軍事境界線を越えて韓国に亡命した。事件は開城工業団地と韓国側を結ぶ道路沿いにある共同管理区域で発生したため、影響が懸念されていた。

 北朝鮮軍は8日午前、いつもと同じように韓国側に入居企業関係者の団地への立ち入りを許可すると伝えてきた。これを受け、韓国側から500人以上が北朝鮮入りした。

 韓国軍は亡命兵士に対する調査を進めている。亡命者は1995年生まれで、開城工業団地を通じ南北の経済格差を意識していたとされる。

2012/10/08 16:04配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2012/10/08 23:55


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.