企業向け融資に赤信号 延滞が急増=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
企業向け融資に赤信号 延滞が急増=韓国
 【ソウル聯合ニュース】安定の兆しをみせていた企業向け融資の返済延滞が増加している。

 韓国銀行(中央銀行)が4日に野党・民主統合党所属の国会議員に提出した資料によると、8月末現在、法人企業向け融資の利子を含めた延滞額は8兆5000億ウォン(約5988億円)で、前月に比べ1兆ウォン(13.1%)増加した。

 資料は、国民、ハナ、ウリィ、韓国外換、新韓銀行など市中銀行10行と韓国産業銀行など特殊銀行4行の企業向けウォン建て・外貨建て融資の現況を韓国銀行が分析したもの。

 韓国企業の月別の延滞額は、世界金融危機後の2009年末以降は8兆~10兆ウォン前後に膨れ上がった。今年上半期(1~6月)に5兆~7兆ウォンに落ち着く兆しもみられたが、5月に7兆ウォン、6月に6兆2000億ウォン、7月に7兆5000億ウォンと増え続け、8月には年間最高額となる8兆5000億ウォンに急増した。

 大企業の延滞は懸念すべき水準だ。昨年末、6000億ウォンだった大企業の延滞額は今年5月が8000億ウォン、6月が7000億ウォン、7月が1兆2000億ウォン、8月が1兆7000億ウォンと増え続けている。6月から8月の2か月間に2倍に拡大した。

 金融監督院が集計した大企業向け円建て融資の延滞率も6月の0.80%から8月は2.36%と3倍上昇した。

 LG経済研究院のイ・ハンドゥク研究委員は「世界景気の低迷で大半の企業の業績が悪化し、返済能力が落ちた」との見方を示した。

 返済が90日以上滞っている長期延滞も増えている。企業の長期延滞額は昨年末の3兆ウォンから今年5月は4兆7000億ウォン、6月は4兆1000億ウォン、7月は4兆7000億ウォン、8月は5兆ウォンに増加した。延滞期間が長くなるにつれ銀行の償還確率は低くなり、銀行の健全性にも悪影響を及ぼす。

 LG経済研究院が上場企業619社の今年上半期の財務状況を分析した結果、営業利益で利子の返済ができない不良企業への銀行融資が116兆ウォンに上る。昨年上半期の88兆8000億ウォンに比べ30.6%増加した。

2012/10/04 17:05配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2012/10/05 09:23


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
K-MUSICAL CONCERT 2019「狂炎ソナタ」「INTERVIEW」スペシャルコンサート開催=プロモーション映像公開!

本日17時よりエントリー開始俳優イ・ミンホ、SHINSEGAE CHOSUN HOTEL 広報モデル 就任記念イベント開催決定!

巨匠ジョン・ウー渾身の超大作!! アジアを代表する人気スター競演のスペクタクルエンターテインメント! 『The Crossing -ザ・クロッシング- Part I&II』、2019年10月11日[金]BD/DVDリリース!

韓国ミュージカル「INTERVIEW」スペシャルコンサート開催決定=ユナク&ソンジェ(SUPERNOVA)出演

“K-MUSICAL CONCERT 2019”ミュージカル「狂炎ソナタ」スペシャルコンサート開催決定=リョウク(SJ)・ケン(VIXX)ら出演

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.