仏が要請した韓国車優先監視 EUは否定的な見解

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
仏が要請した韓国車優先監視 EUは否定的な見解
 【ブリュッセル聯合ニュース】欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会のデフフト委員(通商担当)は3日、「韓国車のEU輸出に対し『優先監視』措置を求めるフランスからの要請内容を検討しているが、フランスが主張する内容は簡単に言ってしまえば真実ではない」と発言した。ドイツのDPA通信がブリュッセル発で伝えた。

 フランスは8月、韓国製自動車の優先監視をEUに要請した。景気減速に苦しむ自国の自動車メーカーが、韓国車の輸入増でさらに打撃を受け、人員削減などの被害が生じているというのがその理由だ。

 デフフト委員は「フランスの韓国製自動車の輸入は、フランスが主張するほど大幅に増えていない」とし、ほとんどの韓国車が欧州で組み立てられている点を指摘した。

 また、韓国とEUの自由貿易協定(FTA)締結後、EUの貿易損失は大きく減少したとしながら、「これは非常に良い取引」と強調した。

 フランスによる韓国製自動車の優先監視要請は、理論上、セーフガード(緊急輸入制限)を発動する際に必要な手順で、まずEUが同意しなければならない。

2012/10/04 11:12配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.