米朝が非公式接触 北朝鮮側「まあまあだった」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
米朝が非公式接触 北朝鮮側「まあまあだった」
 【大連聯合ニュース】中国・大連で開かれた学術会議「北東アジア協力対話(NEACD)」に参加した北朝鮮と米国の高官が27日夜、非公式に接触したが、立場の差を確認することにとどまったようだ。

 会議に出席した北朝鮮のチェ・ソンヒ米州局副局長は28日、米朝接触の雰囲気について、「まあまあだった」と述べた。接触は約1時間に行ったという。当初は約30分とされていた。米国と踏み込んだ議論を行ったことをアピールする狙いがあるとみられる。

 また、韓成烈(ハン・ソンリョル)国連北朝鮮代表部次席大使は米国と「双方の懸案について話し合った」と説明した。接触の具体的な内容については言及を避けた。

 米朝は28日に行われた北東アジア協力対話の会議で、核問題をめぐり、責任問題を追及し合った。チェ副局長は核開発の理由は米国の敵対政策にあるとの趣旨の発言をしたが、米国のクリフォード・ハート6カ国協議担当特使は北朝鮮が従来の合意を破棄したことが問題だと強く反発したという。

2012/09/28 17:22配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.