国際談合で課徴金 韓国8社15年で1700億円超

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
国際談合で課徴金 韓国8社15年で1700億円超
 【ソウル聯合ニュース】韓国の大企業が談合行為により外国から科された課徴金が、過去15年間で約2兆4000億ウォン(約1710億円)に上ることが28日、公正取引委員会の集計で分かった。

 韓国の主要企業8社は1996年から昨年までに、米国で計6件の談合により12億7167万ドル(約1024億円)、欧州連合(EU)で4件・4億3442万ユーロ(約469億円)、日本で1件・1億5000万円、カナダで1件・17万5000カナダドル(約1410万円)の支払いを命じられた。

 企業別にはLGディスプレーの課徴金が最も多い。液晶パネル(LCD)価格の取り決めにより、米国から4億ドル、EUから2億ユーロ、日本から1億5000万円を科された。サムスン電子は米国から3億ドル、EUから1億5000万ユーロ、大韓航空は3億ドルだった。件数としては、第一製糖が米国2件、EU2件、カナダ1件で最多となった。

 公取委は、国際カルテルにかかわれば多額の課徴金が発生するだけでなく、損害賠償訴訟や企業・国のイメージ低下などの悪影響もあるとし、各企業が予防に努めるよう働きかけを強めることにした。

2012年2月28日15時26分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.