昨年の出生児数は0.3%増 2年連続増加=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
昨年の出生児数は0.3%増 2年連続増加=韓国
 【ソウル聯合ニュース】韓国の統計庁が27日に発表した2011年出生・死亡統計(暫定地)によると、昨年に生まれた子どもの数は前年比1200人(0.3%)増加した47万1400人となり、2年連続で増加した。

 人口1000人当たりの出生児数を示す粗出生率は9.4人で、前年と同水準だった。

 女児100人当たりの男児数を示す性比は105.7で、1983年以来の低水準となった。

 女性が生涯に産む子どもの数を意味する合計特殊出生率は1.24人で、2年連続で上昇した。年齢別では20代は下がり、30代は上がった。出生率が最も高い年齢層が2007年に20代後半から30代前半にシフトして以来、その差は徐々に広がっている。

 妊婦の平均年齢は31.45歳で、0.19歳高くなった。第一子を出産した妊婦の平均年齢は前年の30.1歳から30.25歳に上昇した。

 2011年の死亡者数は25万7300人で、前年比1900人(0.7%)増えた。

 出生者数から死亡者数を引いた自然増は21万4100人で、前年に比べ700人減った。

2012年2月27日21時4分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.